2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

表裏一体のリボーンズガンダム帰還

モデルグラフィックス2009年11月号掲載!!

CB-0000 リボーンズガンダム

rbg01.jpg

rbg03.jpg

rbg02.jpg


完成度というか精密感を上げる決め手はやはり塗装かなと!細々としたディテールを入れるのも手段ではあるんですけど1/144サイズだと手間の割りに意外に目立たなかったりするんですよね~


塗装をする上で個人的なルールとして設定画の配色にこだわり過ぎない、武器はメタリック単色にしない、ビン生の色は使わない等の決め事の元塗ってます!



11/25発売のModel Graphixにはユニコーンガンダムが掲載予定ですので宜しくお願いします!
さて、次回作はなんでしょ~???
スポンサーサイト
.09 2009  リボーンズガンダム comment6 trackback0

リボーンズな製作風景

こんばんは!
来週はずっとですね...        本格的に泣きたいです



では工作が一通り終わって仮組みした姿からです!
後ろにある絵はディテールを追加するために描いた落書きです。
rb01.jpg

rb02.jpg

rb03.jpg


左がキット、右がスジ彫りを延長したトコロです!何で途中でブッた切れてるんですかね...
rb04.jpg


上半身は地味に結構いじりました!
腹部の増加アーマーと左の平手はエポキシパテで新造しました。
腰アーマーも削り込んで情報量を上げました。
rb05.jpg


.03 2009  リボーンズガンダム comment6 trackback1

リボーンなリボーンズなガンダム

ハイ!無事完成しました!

rg01.jpg


相変わらず最近のバンダイは凄い!
きっと何かを持て余してる...


作例でも趣味でも製作のコンセプトは基本的にキットを活かす事とスケールを超えた密度感(1/144なら1/100に見える)の演出です。
実物を見てもらうという機会は意外に少ないのでその模型がどの位の大きさなのかって伝わり辛いですよね。
だから雑誌でもブログでも写真を見た時に「コレのスケールはいくつなの?」って感じてもらえるような作品を作って行きたいです。

rg02.jpg


ネットサーフィンと言うか色々なブログ見てると色分けが再現されてなくて残念とか、否定的な意見の方が多いような00シリーズのキットですが分割やポリの使い方が半端ないと思います。

コトブキヤのキットを組んだ事のある方なら分かると思いますが色分け分割が凄まじくパーツ数がとんんでもないです。粉々の感じです。パチ組み派には色分けは嬉しいかもしれませんが塗装派には組みやすさや塗りわけを考えると結構厄介だったりします。

これはキットの方向性の違いもあるので一概にどちらがイイとは言えないのですがバンダイのプラモデルはやっぱり安定してますね!

ディテールなんて人それぞれの好みで少ないと思えば入れればイイし、多いと思えば削ればイイ訳で基本形状やギミックの完成度はセカンドシーズンのキットでかなりの高みに到達したんじゃないかと思います!


次回は一角の彼だとイイなぁ~
.05 2009  リボーンズガンダム comment8 trackback0

紅白まんじゅう???

プレミアムレッを入手しました!

現在絶賛製作中表裏一体の彼に使用しようと思います
透過性があるらしいのでど~使おうか迷いますねぇ~

ウルトラマリンブルーと同様に限定品ですが塗料は使わないともったいないので合いに期待してガッツリ使用してみたいと思います!




突然ですが、模型製作で
好きな工程
1、カラーパターンの決定!
2、調色!
3、デカール貼り!




嫌いな工程
1、マスキング
2、リタッチ
3、面だし



でも、一番嫌いなのはシンナーの臭いです...

塗装や調色は好きだけど有機溶剤はど~もダメですね

無害で臭くなければもっとバンバン造るのになぁ~なんてよく思います。
.23 2009  リボーンズガンダム comment8 trackback0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。