2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

HGUC YAMS-132  ローゼン・ズール

YAMS-132  ローゼン・ズール

rz1.jpg   rz02.jpg   rz2.jpg   rz03.jpg

やっと撮り終わりました!紫は難しい( ̄▽ ̄)
カラーリングだけでなくほぼ全身に手を入れているので回収箇所を前回、前々回の記事と共に見てもらえると嬉しいです!




rz3.jpg   rz4.jpg   rz12.jpg   rz8.jpg

前腕内部も塗り分け。
スカートアーマーのアポジ!?は削り取ってFLバーニアに置き換え裏側に黒いメッシュプレートを貼りました。
設定ではシナンジュの予備を利用しているプロペラントタンクは造形的な共通点が見られなかったので外しJTバーニアを使用してスパイクノズルにしました!




rz04.jpg   rz05.jpg   rz11.jpg

頭部は外側の装甲の淵を内側に向かって斜めに削り薄く見えるように加工。
モノアイは1.5mmドリルで開口しSPアイズを埋め込んでディテールアップ!
エングレービングはラインチゼル0.2mmで彫り直しました。




rz06.jpg

シールドはディテールが少なく板っきれぽかったので各部をカットし若干小型化しパーツ断面に角度をつけて情報量を上げました(*゚▽゚*)
砲口はVCドームのグリーンを取り付け、中央は見えないですがレッドです!




rz18.jpg   rz5.jpg  rz6.jpg  rz7.jpg

インコムびよぉ~ん!!




rz10.jpg   rz9.jpg  rz16.jpg   rz17.jpg

脚部は大分大作りなので各部を削り込んだり境目をBMCタガネで彫り込んだりして別パーツ感を強調。
脛全面のダクトは小型ダクトノズルを加工して取り付けました!  



 
rz14.jpg   rz13.jpg   rz15.jpg

パチ組みとの比較o(^▽^)o
大分洗練されたんじゃないかと思います!




カラーチャート
=エヴァカラー パープル1+マイザーパープル+ローズディープレッド
=ラベンダー+ストームピンクパープル+ホワイト
□=アルティメットブラック+ホワイト+コバルトブルー
=ホワイト
=シャンパンゴールド
=ニュートラルグレーⅣ+マホガニー
スポンサーサイト
.21 2013  ローゼン・ズール comment2 trackback0

小休止!ローゼン・ズールさん塗装編。

rzt01.jpg




rzp4.jpg
系をたくさん集めてみました。紫って赤味青味とかあって調色も塗装も一番難しい色なんじゃないかと思います。乾燥後のドライダウンとか含め...

パープルとヴァイオレットの違いって何でしょ!?( ̄▽ ̄)


今回で言えば濃淡両方赤味だと思います!!




袖付きMS塗装の最難関。
rzp1.jpg
地道にマスキングテープの細切りで頑張りました。


rzp2.jpg
白を吹いて

テープを剥がすと
rzp3.jpg
こんな感じに。境目は予めラインチゼルやPカッタ-等でスジ彫りしておくとクッキリするしエナメル塗料が流れやすく綺麗に仕上がりますo(^▽^)o



HGUCにしては大柄の機体でパーツも大きいのでアネスト岩田のエアブラシHP-THを投入!!!

ノズル口径0.5で面積の広いパーツも素早く塗装出来ます(*゚∀゚*)瓶サフも難なく吹けます!
作業時間短縮がかなりありがたいです。

トリガー式のダブルアクションで指が疲れにくいのもイイ!
hpth1.jpg
サフ吹きや基本色の塗装に今後かなり活躍しそうな予感(笑)
.15 2013  ローゼン・ズール comment4 trackback0

ローゼン・ズール製作記!

大分放置気味のブログですが生きてます(笑)


こちらもちょっと前の作例ですがModel Graphix 2013年3月号掲載のローゼン・ズールです!


キットの成型色はかなり気持ち悪いので大幅にカラーリング変更!アナスイのようなお洒落なイメージにo(^▽^)o
肩アーマーや脚部を始め大作りなパーツが多いので幅詰めや削り込みで密度感を上げています!




まずは上半身から。
背中のパーツ内部を削り胸を反らせるポーズが取れるようにしました。

左下の画像の右肩が加工後です!
rz013.jpg




お次はピラミッド感溢れる肩アーマーです。

面構成が平面的であまりにも色気が足りないので各部をカットし小型化、面取りもふやして情報量を上げました。
白いラインは塗り分けの便を考えてラインチゼル0.2mmで深く彫り直し(*゚▽゚*)
rz012.jpg




肘関節に可動のクリアランス確保のための隙間があるので上腕の円弧の切り欠きを拡大し密着するように加工しました。可動には支障なし!
クローはちょっとだけ形状変更して先端を鋭くしました。
rz011.jpg




誌面では見えなかったと思いますがリアスカートとサイドスカートの内部にはプラ板でフレーム状のパーツをを新造して取り付けてます。

プロペラントタンクはスパイクノズルに変更!
rz014.jpg




つま先、カカト共に幅詰めと削り込みで小型化。パーツの境目はラインチゼルやBMCタガネで彫り込んでパーツが内側から生えて見えるようにしました。

足首関節は2mm短縮、負荷が掛かるパーツなので1.5mm真鍮線でガッチリ補強。
rz010.jpg
.01 2013  ローゼン・ズール comment6 trackback0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。